Living in a sexy world

よけろナッパのポケモンブログTwitter @yokeronappa_p

S9中盤使用構築 最高2038

f:id:Yokeronappa:20180516152740p:plain


TN まずいぼう 最高2038




f:id:Yokeronappa:20180516151546g:plain


カバルドン@フィラの実

 

性格 わんぱく

 

実数値 212(228)-132-171(140)-x-110(140)-67

 

技構成 地震/ステルスロック/欠伸/吹き飛ばし



f:id:Yokeronappa:20180227050102g:plain

ボーマンダ@メガストーン

 

性格 いじっぱり

 

実数値 171(4)-215(244)-150-x-111(4)-172(252)

 

技構成 八つ当たり/地震/羽休め/竜の舞



f:id:Yokeronappa:20180516153830g:plain


ギルガルド@食べ残し

 

性格 なまいき

 

実数値 167(252)-71(4)-171(4)-82(92)-209(156)-72

 

技構成 シャドーボール/毒々/影打ち/キングシールド



f:id:Yokeronappa:20180516154150g:plain

ミミッキュ@ゴーストZ

 

性格 いじっぱり

 

実数値 131(4)-156(252)-100-x-125-148(252)

 

技構成 シャドークロー/呪い/痛み分け/身代わり



f:id:Yokeronappa:20180516154354g:plain


ゲッコウガ@スカーフ

 

性格 さみしがり

 

実数値 147-161(252)-78-124(4)-91-174(252)

 

技構成 ダストシュート/冷凍ビーム/岩雪崩/蜻蛉返り



f:id:Yokeronappa:20180516154619g:plain


カミツルギ@ハガネZ

 

性格 ようき

 

実数値 153(148)-205(28)-152(4)-x-64(100)-173(228)

 

技構成 スマートホーン/リーフブレード/叩き落とす/剣の舞




ゲコの型をせっかちCS悪波持ちまたは激流ミズZにしたり、ミミッキュの枠をデンキZコケコにしたり

カバを襷ランドにしてみたりマンダを意地HD八つ当たり1ウェポンにしたりガルドを冷静にしたり物理にしたり

色々と試しながらやっていました

最終日はランドスイクンも使ってそっちは最高2043とか

通話してくださった皆さん、当たった皆さんありがとうございました!

S9お疲れさまでした





【USMシーズン8使用構築】21チャレ5回失敗遠吠えスタン【最高2094 最終209x】



構築共有型共有  トスに改造よしこぽけ

こんにちは、ほとんど最強ナメック星人、よけろナッパです。
今期は21チャレを5回失敗し、6回目は朝9時のメンテで間に合わずと、あと一歩が本当に足りないシーズンとなりました。
しかしながら2000帯で多くの対戦数をこなすことができ、構築の重要さを実感したシーズンでもありました。
以下並びになります。ノートちゃんは最終日で投げました。

f:id:Yokeronappa:20180313105819p:plain


TNまずいぼう 最高2094最終209x

TNがちJK2 最高最終2048


 



コンセプト


某有名強者様が前期使用していた、ステロ+吠えるスイクンを構築の軸としています。

行動保証があり、大爆発で削りも行える優秀なステロ撒きとして霊獣ランドロス
コンセプトである吠えるスイクン。まもみがとのシナジーを考え、持ち物は食べ残しとしました。

範囲、素早さ共に優秀であり、相手のステルスロックに縛られないメガ枠としてメガゲンガーを第一のメガ枠に。
優秀な積み技を持ち、抜きエースとしてのメガ枠で随一の性能を持っているメガボーマンダを第二のメガ枠に。
ここまでで両メガが苦手とするカプ・テテフカバルドンミミッキュ、対面構築に対して強力な駒となるメガメタグロスを第三のメガ枠に採用。
最後に重い水に対して上からZ技を打つことができ、電気枠としての性能も随一なカプ・コケコをZ枠で採用しました。

メガ枠の役割分担を強く意識しています。

最終日のみゲンガーをカプ・テテフに変更しています。





【個体紹介】

 



f:id:Yokeronappa:20180227045840g:plain

霊獣ランドロス@気合のタスキ

性格 ようき

実数値 165(4)-197(252)-110-x-100-157(252)

技構成 地震/岩石封じ/大爆発/ステルスロック

行動保証付きのステロ撒き。カバルドンとは違い威嚇という優秀な特性、大爆発という自主退場技を持っている点を評価しての採用です。
ほとんどの試合で選出します。
爆発で自主退場していい場面なのか残しておくべきなのか、その判断が重要だと感じました。

 AS-特に調整する必要もないのでぶっぱ

 




f:id:Yokeronappa:20180227050004g:plain

スイクン@食べ残し

性格 ずぶとい

実数値 205(236)-x-177(204)-111(4)-136(4)-113(60)

熱湯/吠える/守る/身代わり

構築のコンセプトである吠えるスイクン
場に長く居座り続ける必要があるため、持ち物は食べ残しでの採用です。
ステルスロック+身代わり吠えるで場を荒らします。
まだあまり認知されておらず、このポケモン一体だけで相手の構築を崩壊させる場面も多々ありました。
基本的にはランドと同時選出になりますが、単体性能も高いため刺さっていればピンでの選出もします。

Hー地球投げを身代わりが耐え
HBー無振りカバルドン地震を身代わりが最高乱数切って耐え

 





f:id:Yokeronappa:20180227050029g:plain

ゲンガー@メガストーン

性格 おくびょう

実数値 135-x-100-222(252)-116(4)-200(252)

技構成 シャドーボール/ヘドロ爆弾/気合玉/目覚めるパワー

deco-poke.hatenablog.com


上記の記事を参考に、ステロ+メガゲンガーの抜き性能に着目しました。
主にグロス軸、受けループに投げていきます。
構築上あまりサイクルを回さないので、凍える風を命中威力共に高いめざ氷に変更しました。
ミミッキュを見ると出せませんが、範囲火力共に申し分なく、選出した試合ではなかなかの活躍をしてくれました。
追い打ち枠がバンギラスの受けループ相手にはこのポケモンを選出し、7割での勝ちを狙っていきます。
気合玉を打たなければいけない回数が増えれば増えるほど運負けに繋がるので、よほど刺さっていない限りは極力選出しないようにしていました。

最終日のみカプ・テテフに変更しています。

CS-火力素早さ共に削れないためぶっぱ







f:id:Yokeronappa:20180227050102g:plain

ボーマンダ@メガストーン

性格 いじっぱり

実数値 197(212)-188(44)-151(4)-x-129(148)-153(100)

技構成 八つ当たり/地震/羽休め/竜の舞

スイクンの役割対象であるテッカグヤカバルドンなどを削った後に通す第二のメガ枠として採用しました。
ゲンガーがギルガルドに有利とは言えないポケモンなので、ギルガルドを見ても躊躇せず選出できる様、八つ当たり地震の2ウェポンでの採用になりました。
前期の上位構築の影響か地震を考慮しないプレイングをされることが多く、多くのイージーウィンを拾うことができました。
主にカバマンダガルド系統、その他幅広い構築に投げていきます。
Sがもう少し欲しい場面もありましたが、ガルド対面で余裕を持って積む必要があったため、ある程度耐久に振りました。


HADS-テンプレ調整のAとDを少し削りメガ後準速100族抜き




f:id:Yokeronappa:20180227050134g:plain

メタグロス@メガストーン

性格 いじっぱり

実数値 165(76)-216(252)-170-112-130-153(180)

技構成 アイアンヘッド/草結び/アームハンマー/バレッドパンチ

上記メガ枠が苦手とするスカーフテテフ、ポリクチ、ガルーラ入りの対面構築に刺せるコマとして採用しました。
カバルドンを見ても躊躇なく選出出来るよう、草結びを採用しています。
相手のメタグロスはゲンガーで、ギルガルドボーマンダで相手をすることができるため、グロス自身が誘うポケモンに刺さる技構成としました。
主にカバテテフ、ポリクチなどの構築に投げていきます。


A-火力が欲しいためぶっぱ
S-メガ後準速100族抜き
Hー余り






f:id:Yokeronappa:20180227050249g:plain

カプ・コケコ@デンキZ

性格 おくびょう

実数値 145-x-105-147(252)-96(4)-200(252)

技構成 10万ボルト/目覚めるパワー/身代わり/瞑想

ゲッコウガ、ガルランドなどの対面構築が重く、Z枠も空いていたため採用しました。
身代わりの枠はボルトチェンジとの選択ですが、相手のZ警戒の行動が読める場面での安定択として身代わりを採用しました。
今までこのポケモンをあまり使ってこなかったのですが、かなりの性能の高さに採用率上位も納得の強さでした。
DL対策のD振りも考えましたが、相手のコケコゲンガーと同速勝負をしたい場面が多く、火力も削れないためCSに振り切っています。

CS-火力素早さ共に削れないためぶっぱ







f:id:Yokeronappa:20180313092814g:plain

カプ・テテフこだわりスカーフ

性格 ひかえめ

実数値 145-x-96(4)-200(252)-135-147(252)

技構成 サイコキネシス/サイコショック/ムーンフォース/シャドーボール

ゲンガーを選出した際、地面の一貫に気を使いながら立ち回っていく必要があり、とても窮屈に感じていました。
そこで、似たような性能を持ち抜き性能も兼ね備えたポケモンを探した結果、このポケモンにたどり着きました。(要は某よしこぽけに薦められた)。
ゲンガーの枠をこのポケモンに変更したことによりグロス軸に少し甘くなりましたが、グロス軸にはデンキZコケコが刺さるため、このポケモンに変更をしても問題はないと判断しました。

CS-特に調整する必要もないと思ったためぶっぱ





【選出】

基本選出はランド+スイクン+メガ枠

vsポリクチ コケコランドグロス

vsカバリザグロス ランドスイクンコケコグロス(ゲンガー)から選択

vsガルランドゲッコ コケコ+二体

vs受けループ (ゲンガー)スイクンランドコケコから選択

vsカバマンダガルド ランドコケコマンダ



【重いポケモン

ゲンガー、フェローチェメガラティアスボルトロス、サンダー


【無理なポケモン、並び】

トリルバクーダ

ヤミラミヌケニン(メガゲンでDダウンか急所を引けなければ負け、引いても負け)

トリルバクーダ

メガハッサム(バレパン羽剣舞鉄壁はスナイプ)

トリルバクーダ

トリル+バクーダ

また何かあれば追記します。



f:id:Yokeronappa:20180313092649j:plain




最高レートを更新したときの画像になります。
21チャレを5回失敗し、6回目はメンテで挑戦できずと残念すぎる結果に終わりました。
あまりにできすぎた結果であった前期以前の自分を考えると、妥当な結果かなと思います。
来期は21セカンド童貞卒業を目標に頑張りたいと思っています。

快くランドロスを貸してくれたカーズーくん、ここまで読んでくださった皆さん、シーズン中に当たった皆さん、本当にありがとうございました!




【USMシーズン7使用構築】よけろマンダ【最高2135 最終201x】

 

 

こんにちは、時々最強ナメック星人、よけろナッパです。

今期は夢だった2000セカンド童○卒業、初の2100まで達成することができました。

あまりに出来すぎた結果だとは思っていますが、密かに目標としていた2150に一歩届かず、悔しさも残るシーズンとなりました。

以下並びです。書きたいことはまだまだあるので、長くならない程度にちょくちょく追記していこうと思います。

今期もノートちゃんを使い選出のメモを取っていたので、選出率、選出時の勝率も載せていきます。

 

 

 

f:id:Yokeronappa:20180123064757j:image

 

TN まずいぼうで潜っていました

 

 

【構築経緯】

 

最初はいつも通りカバマンダガルド軸を使っていたが、マンダ軸が重いアーゴヨンギャラドスの並びに無限にボコられ、レートも1900にすら乗らずで解散。

構築を見直し、アゴギャラに負けない、運負けよりも運勝ちをする構築を目指した。

 

組み始めとしては、もはや嫁ポケなんじゃないかと思っているマンダからスタート。

マンダが苦手とするゲッコウガアーゴヨンに強く、広い範囲を誤魔化すことのできるHDポリ2。

アーゴヨンやポリZ等、展開構築の切り返しとしてHABトリルミミッキュ

マンダが出せない選出のパワーの無さを解消する鋼枠であるメガメタグロス

ここまでで重いガルドヒードランなどの鋼、カバに強く出ることができるHDグライオン

最後にリザXバシャギャラに強く、両メガが苦手とするポリ2クレセなどの数値受けを起点にできる、残飯レヒレを採用。

 

レート1666からこの構築を使用した。

 

 

 

【個体紹介】

 

 


f:id:Yokeronappa:20180123070526j:image

ボーマンダ@ボーマンダナイト

 

性格 いじっぱり

 

(メガ前実数値)

197(212)-177(44)-101(4)-x-102(12)-150(236)

 

(メガ後実数値)

197-188-151-x-112-170

 

技構成 八つ当たり/羽休め/身代わり/竜の舞

 

メガ前DL対策でD>B

 

前期とは違い、Sをメガ後ガブリアス抜きまで振った。割とよくある調整だと思う。

前期の調整とは違い、リザ対面で安心して八つ当たりを打つことができるのがよかった。

基本的に刺さっていなければグロスを出していたため、選出率はダントツの最下位。

 

選出率18.0%で6位、選出時勝率72.7%

 

 

 

 
f:id:Yokeronappa:20180222004226j:image

ポリゴン2@しんかのきせき

 

性格 なまいき

 

特性 ダウンロード

 

実数値 191(244)-101(4)-112(12)-126(4)-160(244)-72

 

技構成 恩返し/目覚めるパワー炎/冷凍ビーム/自己再生

 

リザを見たら初手に投げていくHDポリ2。

S3のときに使っていた個体のトリルを冷ビに変更し、そのまま流用した。

構築を組んだ段階ではそこまで意識していなかったが、レヒレのミストフィールドと合わせて対アーゴヨンへの安定性がぐっと上がった。

技構成としては、テテフや(減少傾向ではあったが)ガモスを意識、安定した一致技である恩返し。

構築単位で重く、誘うナットレイへの最高打点となるめざパ炎。

ランドマンダへの安定した打点となり、カバにも打つことができる冷凍ビーム。

めざパ炎を採用しているHDポリ2は少ないと思う。

誤魔化し性能が非常に高く、対ポリクチ、リザY軸への勝率を上げることに貢献してくれていた。

 

具体的なムーブとしては

初手ポリポリ対面を作る→1ターン目のダメージと恩返しでHDポリ2とバレるため、2ターン目でクチートに引いてくる→交代際にめざ炎を当てることでダメージレースに有利になれる

対リザY軸にも似たようなムーブで裏のガルドに晴れめざ炎を当て、楽に勝つことができた試合もあった。

アーゴヨンを見たらほとんど選出する。

後述するレヒレと合わせることにより、ギャラドス(ハッサム)アーゴヨンの並び、また単体を選出された場合の勝率は9割を超えていた。

カミツルギナットレイハッサムを何度焼いたかわからない。

 

特性はトリル下やナット対面でも火力が上がるダウンロード。

初手リザ対面、Aが上がったらCSのYかX、Cが上がったらHBベースのY等、大体の型の判別が出来るのがよかった。

初手コケコ対面でAが上がった場合、大抵毒が飛んでくるので裏のレヒレorグライに引いていた。

 

選出率54.9%で3位、選出時勝率68.6%

 

 

 

 
f:id:Yokeronappa:20180222004246j:image

ミミッキュ@ミミッキュZ

 

性格 いじっぱり

 

実数値 151(164)-143(156)-124(188)-x-125-116

 

技構成 じゃれつく/かげうち/トリックルーム/呪い

 

テンプレ耐久振りミミッキュ。トリルを搭載することにより、展開構築や積みへの強力な切り返しになった。

マンダリザXメガバシャあたりを意識してのHAB振りだったが、実際はマンダポリ2レヒレで誤魔化せていたため、重いミミッキュを意識してのS振りでもよかったかもしれない。

しかし、上記3体では厳しい役割集中への切り返し、選出時の余裕には繋がったため、耐久振りでよかった部分もある。

 

選出率36.8%で5位、選出時勝率71.1%

 

 

 

 
f:id:Yokeronappa:20180222004300j:image

メタグロス@メタグロスナイト

 

性格 ようき

 

(メガ前実数値)

175(156)-168(100)-150-x-110-134(252)

 

(メガ後実数値)

175-178-170-x-130-178

 

技構成 アイアンヘッド/冷凍パンチ/雷パンチ/地震

 

僕は基本的に4振り信者なんですが、このポケモンは4をBDに振り分けるよりもHASを1伸ばした方が強いと思っているためこの振り方。

相手のグロスがとてつもなく重いため最速。

バレパンが欲しい場面もあったが、雷パンがあったおかげで勝った試合の方が多かった。主に削れたリザY、カグヤに打った。

 

選出率72.9%で1位、選出時勝率65.1%

 

 

 

 

 
f:id:Yokeronappa:20180222004335j:image

グライオン@どくどくだま

 

性格 しんちょう

 

実数値 181(244)-116(4)-146(4)-x-137(236)-118(20)

 

技構成 地震/ハサミギロチン/羽休め/守る

 

S4振りミミッキュを意識してのS20振り。活きたかは不明だが、重すぎるミミッキュへの静かな抵抗。

大事なところでハミチンを当てまくりました。

主にナットカグヤに対して試行回数を稼いで突破を狙うため、毒よりもハミチン。

守るはこだわり確認、HP回復、フィールドターンの調整など、非常に便利な技だった。

 

選出率45.0%で4位、選出時勝率61.8%

 

 

 

 
f:id:Yokeronappa:20180222004323j:image

カプ・レヒレ@食べ残し

 

性格 ずぶとい

 

177(252)-x-172(172)-116(4)-151(4)-115(76)

 

技構成 ムーンフォース/波乗り/瞑想/リフレクター

 

ロリコンレヒレ。ガルドに抜かれたくなかったためここまでSを伸ばしたが、絶妙に火力が足りない場面があったため、Sを少し削りCに振ってもよかったかもしれない。

カバルドンギルガルドポリゴン2に強く、リフレクを使用することにより対メガギャラも安定する。

ミストフィールドとポリ2、メタグロスの相性が素晴らしく、毒や火傷に怯えることなく立ち回れるのがとてもよかった。

 

選出率72.1%で2位、選出時勝率64.7%

 

 

 

 

 

基本選出は特になし。グロスグライレヒレの選出が一番多かった。

重いポケモンミミッキュ、ガルーラ、メタグロス

 

無理な構築はムドー入り受けループ。

グロスマンダの2メガ選出でムドーに雷パン麻痺を狙い、麻痺を引けたらマンダで舞います。

 

ギャラ顎等の展開構築にはポリ2レヒレミミッキュ。ギャラが無限にアイヘを持っていたためHABミミッキュでギャラを見る立ち回りはしないようにする。

 

 

 

 


f:id:Yokeronappa:20180123074012j:image

 

最高レートを更新したときの画像です。一度2020まで落ちましたが、またここまで上げられたのは自信に繋がりました。

(ちなみにここで通話のメンバーに負けました。悔しかった…)

 

2150乗りたかった…一発屋にならないよう頑張ります

 

ここまで読んでくださった方々、シーズン中にマッチングした方々、ありがとうございました!

 

 

【SMシーズン6使用構築】幻の2000チャレ【最高最終1999】

こんにちは、次に書く構築記事は2000セカンド童○を卒業してからにしよう!

そう誓っていたけどダメだった2000セカンド○貞男、よけろナッパです(JK2)。

 

最終日の朝に考えた雑な構築です。簡単に書いていきます。

なお絵モチベは1ミリもないため、気が向いたら描いて付け足しておこうかなと思います。

 

 
f:id:Yokeronappa:20171110212314j:image

 

 

 

【構築経緯】

最終日前日まで使ってた構築がダメだった

じゃあ使い慣れてるカバマンダガルドミミッキュから組み始めよう

いつかのキャスで考えた岩Z剣舞バシャは使いたい

この5体じゃ初手水とカバ展開が重いから珠デンジュモク

こんな感じです

 

1600帯からノートちゃんを使い選出率等のメモもしていたので、それも書いていこうと思います。

 

以下常体敬体入り混じります、許して。

 

 

 

【個体紹介】

 

ボーマンダ@ボーマンダナイト

 

性格 いじっぱり

(メガ後実数値)201(244)-188(44)-151(4)-x-127(132)-151(84)

 

技構成 恩返し/羽休め/身代わり/竜の舞

 

慎重マンダばかり使っていた僕は意地マンダの火力に感動した。

身代わりでランドを無限に起点にした。ミミッキュの呪い、ガルドの毒とシナジーのある身代わりはやはり強かった。

H奇数最大のDが控えめテテフのムンフォ耐え、って調整したら某強者の方の調整そのままになった。

 

選出率63.0%で2位、選出時勝率65.0%

 

 

 

カバルドン@ゴツゴツメット

 

性格 わんぱく

実数値 215(252)-132-187(252)-x-92-68(4)

 

技構成 地震/氷の牙/欠伸/怠ける

 

S3のときに使っていた個体と同じ個体。特に語ることもないが無難に強かった。

構築上バシャが出てきにくく、バシャ受けリザX受けをまったくしてなかった気がする。マンダマンダマンダミミッキュって感じの環境だった(1600で停滞していた民並みの感想)。

欠伸牙は吹き飛ばしステロとの選択にもなるが、欠伸牙で勝ちを拾った対戦が多すぎたのでこの技構成で確定。

レヒレカバ対面を作られたら負けるので積極的に釣りましょう。

 

選出率38.0%で6位、選出時勝率57.8%

 

 

 

ギルガルド@食べ残し

 

性格 れいせい

実数値 167(252)-70-170-112(252)-171(4)-72

 

技構成 シャドーボール/かげうち/毒々/キングシールド

 

5億年前はこのポケモンゲッコウガに勝てていたが、今はどこからでも悪波が飛んでくるため勝てない。最悪身代わり張られてツムツムプリンになる。

シャドボ影打ちでのそこそこの対面性能、毒の耐久崩し、キンシで強制的に択に持ち込むことができる等、個人的に好きな鋼。

2000チャレ付近で襷パルに択負けして2回破られた。やれやれ、僕は失禁した。

 

???「冷静6Vガルドは有り得ねえよwwwww」

こいつ使って2000行きたかったんですけどね、無理でした。

何度か穏やかに変えてみようかとも考えましたが、厳選が面倒、なんだかんだ影打ちが強いってことでこのままでした。

 

選出率43.0%で4位、選出時勝率60.4%

 

 

 

ミミッキュ@ゴーストZ

 

性格 いじっぱり

実数値 131(4)-156(252)-100-x-125-148(252)

 

技構成 シャドークロー/痛み分け/呪い/身代わり

 

普通の霊Zメンヘラミミッキュ。主に初手に投げてました。ゲッコウガ入りにはほとんど初手に投げていた気がする。

最初はABフェアリーZで使っていたが、耐久ポケモンが無限にキツかったため完全メンヘラ型へとメガ進化した。

こいつでマンダを止める鋼とカバを崩して、マンダを通しやすくする。

初手の襷テテフがウザすぎて陽気にしたろかなとも思ったが、育成モチベが足りなかった。

 

選出率65.0%で1位、選出時勝率64.6%

 

 

 

バシャーモ@岩Z

 

性格 いじっぱり

実数値 159(28)-189(252)-90-x-91(4)-128(220)

 

技構成 フレアドライブ/ストーンエッジ/剣の舞/守る

 

めざ氷にするとレヒレ投げられる、雷パンにするとマンダを投げられる。そんな悩みを解決した(と思っていた)最強のバシャーモ

いつかのキャスで思いついて、最初はこいつを入れた展開構築を使っていました。その構築は無事爆死。

 停滞していた1600帯でアホみたいに選出していました。最強だった。

人並みに勝てるようになった1800~からはほとんど出せていなかったため、選出時勝率は低め。カバマンダミミッキュを誘い、ナットを選出しづらくする置物と化していた。

A1段階↑岩Zで余裕のマンダ確1、A2段階↑でH252レヒレが乱数。

H16n-1、DL対策のD振りに、S1加速で最速ゲッコウガ抜き。綺麗だよね。ゎら

 

選出率48.1%、選出時勝率48.4%

 

 

 

デンジュモク@命の珠

 

性格 控えめ

実数値 169(84)-x-91-245(236)-92(4)-126(180)

 

技構成 10万ボルト/めざめるパワー氷/草結び/身代わり

 

火力おばけ。初手の水タイプ、カバ展開が読めたら積極的に初手に投げていきました。

草結びで慎重HD特化カバルドンが94%の乱数。一度も耐えられることはありませんでした。やれやれ、僕は射精した。

ドヒドイデテッカグヤ絡みの所謂"陰キャサイクル"を破壊するための駒。

どうせ裏に地面置いてるし、交代読み行動するだろ~という甘えた水タイプの突っ張りをC245珠10万で何度も咎めた。

最初は受けル意識で身代わりの枠を蛍火にしていたが、あまりに受けルと当たらなかったため、有利対面を作った際の安定技として身代わりに変更した。

並びを見てHDグライだと読めたら、ドヤ顔めざ氷で突っ張りましょう。

H珠ダメ最小の10n-1、DL対策のD振りにSは最速カグヤ抜き抜き。

今思えばHDポリ2意識でDL対策はしなくてもよかったかもしれないが、たぶんそんなことはない。

カバ展開は挑発または水タイプで止めるという、僕の間違った常識を壊してくれた神ぽこ。そんなにいなかったけど。

 

選出率48.8%で3位、選出時勝率61.5%

 

 

 

【基本選出】

 

基本選出はとくに無し。使い慣れている並びだったため、相手の選出は読みやすかった。

 

初手ゲッコウガにはミミッキュ、初手水タイプまたはカバが読めていたらデンジュモク

バンドリ等、有利対面舞って破壊できる並びにはバシャを初手に置く。

19帯ではほとんどミミマンダカバ、ミミマンダガルドみたいな、ミミッキュマンダ@1の選出しかしませんでした。

たまーにミミカバガルドみたいな受け思考の選出もした。

ミミバシャのZ被りは気にしませんでした。

今までのどのシーズンよりも無限に初手出し勝ちしていた気がします。

その割に結果がアレなのはバグ。おい増田ァ!緊急パッチまだかァ!!!!

 

 

【最後に】

 

ここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

モチベ維持が下手くそすぎて、最終日1600からのスタートでした。

言い訳にする要素は一つもなかった。本気でやってこの結果です。悔いは無い。

残念な気持ちより、むしろ達成感の方が大きかった。ずっと1600で停滞してたのに、2000チャレまで舞うことができた。

最後は朝9時のメンテに間に合わず、2000チャレに挑戦できずの最高最終1999で終わりました。

 

キャスで岩Zバシャに気づかせてくれた皆さん、最終日通話レートで励ましてくれた通話窓のみんな、この場を借りて感謝の気持ちを伝えようと思います。

本当にありがとう。本当に本当にありがとうございました。

 

USMを発売日に買う予定はありませんが、またタイミングを見計らって、2000セカンド童貞卒業を目指したいと思います。

 

改めてSM環境お疲れ様でした!またUSM環境でお会いしましょう(^○^)

 

 

 

【S3使用構築】トリルナットレイ軸サイクル【最高2025 最終2016】

初めまして、TNよけろナッパです。

S3にて、自身初のレート2000を達成しました。すごく嬉しいです!
ということで、イキって記事にしてみようと思います。許してください。笑

以下構築経緯と個体紹介、常体です。

f:id:Yokeronappa:20170516131325p:plain



構築経緯

S2で使用していた、ボーマンダマンムーカプ・レヒレの並び(所謂マンマンレヒレ)を使いたいというのが始まり。

マンムーというポケモンを上手く扱えなかったため、同じ地面枠且つ、優秀な物理受けであるゴツメカバルドンに変更。

トリル+受けポケモンの組み合わせが強いと感じ、トリルと自己再生を両立したポリゴン2を採用。

鋼枠が不在だったため、鋼枠兼トリルエースのハチマキナットレイを採用。

最後に、Z技を腐らせにくくストッパーもこなすミミッキュを雑に採用し、構築の完成。

トリルナットレイ軸としておきながら、ナットレイを採用したのは割と後の段階である。




個体紹介

f:id:Yokeronappa:20170516210216j:plain
ボーマンダ@ボーマンダナイト

特性 いかく→スカイスキン

性格 むじゃき


技構成

捨て身タックル 大文字 流星群 破壊光線(岩雪崩)


実数値

メガ前 171-169-101-148-90-167

メガ後 171-179-151-158-99-189


努力値

4-108-4-140-0-252


H 奇数
AB 余り
C 大文字で無振りメガルカリオ確定1発
S ミラー意識の最速


ORAS時代の調整のような、ごく普通の両刀メガマンダ。
レート2000達成まではサイクル破壊性能に惚れて破壊光線を採用していた。
構築が初手のリザYを誘いやすい、なおかつリザYがHBに振っていた場合捨て身を耐えられるため、最終日は岩雪崩に変更。

HBに振ったリザYが流行っていたこともあり、捨て身を耐えると踏んだリザYが突っ張ってくることが多く、よく刺さっていたと思う。

(H185-B113のリザYが岩雪崩で81.3%の乱数)

破壊光線でのサイクル破壊性能も素晴らしく、そのおかげで2000を達成できたと言っても過言ではないため、この枠は要検討。

調整はそのままで岩雪崩を採用したため、役割対象のリザY相手に乱数。もはやギャグである。

マンダミラーで同速に負けず、岩雪崩の怯みで勝ちを掴む等、意識の高いポケモンだった。





f:id:Yokeronappa:20170516210239j:plain
カプ・レヒレ@ウイの実

特性 ミストフィールド

性格 ずぶとい


技構成

しおみず ムーンフォース 挑発 自然の怒り


実数値

176-x-162-116-151-125


努力値

244-0-100-4-4-156


H 4n
BCD 余り
S 最速テッカグヤ抜き


構築単位で重い耐久ポケモンを挑発で誤魔化したり、バシャギャラ等に出していくポケモン
相手のPTにテッカグヤがいた場合ほぼ100%選出されるため、最速だろうと上から挑発を入れられるカグヤ抜き調整。

バシャを見たらほぼ選出していた。草Zに注意して立ち回った。

オボンで確定数をずらすような動きをするわけでもないため、ウイの実を持たせた。
発動しなかったことで負けた場面は少なかったと思う。
相手のステロで発動させるプレイングはオシャレ。





f:id:Yokeronappa:20170516210252j:plain
カバルドン@ゴツゴツメット

特性 すなおこし

性格 わんぱく


技構成

地震 氷のキバ あくび なまける


実数値

215-133-187-x-92-67


努力値

252-4-252-x-0-0


特殊を受ける気はまったくなく、起点を作るわけでもないためHBに特化した普通のゴツメカバ。

身代わりを持っている可能性がある飛行タイプ(マンダ、剣舞ランド等)に何もできないという事故を防ぐため、氷のキバを採用。

さすがの耐久力で、ガルーラグロス相手に負けることはほぼなかった。
れいビ草結びはやめてください笑。

PTの左上に置いておくことで、カバに対して強いポケモンを初手に呼ぶ。
アシレーヌやリザY(であろうリザードン)がいた場合に相手の初手が読みやすかったりと、選出しなくても活躍していたポケモン





f:id:Yokeronappa:20170516210303j:plain
ナットレイ@こだわりハチマキ

特性 てつのトゲ

性格 ゆうかん


技構成

ジャイロボール パワーウィップ 種マシンガン じならし


実数値

181-160-152-x-136-22(S最遅個体)


努力値

252-252-4-x-0-0


この構築のトリルエース。いかにナットの一貫性を作るかを考えていく。
出せる相手には初手で出していく。ハチマキジャイロ、ウィップの火力は素晴らしく、相手が型を読み間違えた場合のアドバンテージはとても大きかった。

トリルを張りこのポケモンで抜いていったり、後続の圏内に入れていく動きが強かった。

はたきおとすが欲しい場面もあったが、じならしでドランを落とす場面や、ラス1ナット対面で勝つこともあったため難しい(過去作の厳選環境が整っていない言い訳)。





f:id:Yokeronappa:20170516210314j:plain
ポリゴン2@しんかのきせき

特性 ダウンロード

性格 なまいき


技構成

恩返し めざめるパワー炎 トリックルーム 自己再生


実数値

191-101-112-126-160-72(王冠使用)


努力値

244-4-12-4-244-0


H 16n-1
ABC 余り
D 偶数


ガモスやテテフを止める特殊受け。眼鏡テテフには後出しができないため、見極めが必要。

ラッキーハピナスとの差別化は、トリルと恩返しの火力。
Aが上がった恩返しの火力はそこそこで、耐久に振っていないガモス、テテフを確定2発で倒せるくらい。

トリル持ちDLポリ2の自己再生は読まれないのか、自己再生を切った立ち回りをされることもあった。

攻撃技はタイプ一致技の恩返しと、鋼に通すめざ炎のみ。
よってドラン相手に何もできないが、ラスカのDダウンを一度も引かず、削れたドランを押し切った場面もあった。D耐久は流石の一言。

他の攻撃技が欲しい場面もあったが、DLポリ2の火力を警戒した相手が勝手に引いていくことも多々あった。

あくまで特殊受けと割り切り、物理アタッカーは他のポケモンで処理することを心がけていた。





f:id:Yokeronappa:20170516210335j:plain
ミミッキュ@ゴーストZ

特性 ばけのかわ

性格 いじっぱり


技構成

じゃれつく シャドークロー つるぎのまい かげうち(トリックルーム)


実数値

131-156-100-x-125-148


努力値

4-252-0-x-0-252


最初は普通の剣舞ミミッキュで使っていたが、トリル要員を増やしたかったため、かげうちをトリルに変更した。
ナットが苦手な鋼を剣舞と合わせて削りたいため、持ち物はゴーストZ。

かげうちがないことによって対面性能は下がったが、ナットミミッキュの選出でもトリルを張ることができるようになった。

ナットを選出できないときでも選出することができ、雑に選出しても腐ることは少なかった。





選出画面では、ナットが通るかどうかを考える。
ナットの通りが良いようであれば、ナット+トリル要員+1体の選出。
通りが悪ければマンダを軸に、相手のPTに刺さっているポケモンを出していく。


重かったポケモンは、テッカグヤヒードラン等の鋼タイプ、ポリ2やクレセリア等の数値受け、サンダーボルトの電気飛行タイプ。
レヒレで挑発を打ちながら削り、マンダの圏内に入れて誤魔化していた。

ボルトは耐久が無いためまだマシだが、サンダーは本当に重い。なんとか削ってマンダの圏内に入れるか、ミミッキュのZで倒すしかない。

イーブイバトンが分かっていても勝てなかったりと、欠陥構築だなぁと思っている。

終盤増えたグライも重く、ギロチンを避けるよう祈るしかない。




レートは最高2025の最終2016でした。S3お疲れ様でした!
目標だった初のレート2000に乗ることができ、満足のいくシーズンでした。

何気に過去作産のポケモンが1体もいないので、新規勢や復帰勢でも割と簡単に作れる構築かなーと思います。早く厳選環境整えます。笑

シーズン4でも最高レートを更新できるよう、新しい構築を考えたいと思っています。

ここまで読んでくださった方、シーズン中にマッチングした方々、ありがとうございました(*^▽^*)