Living in a sexy world

よけろナッパのポケモンブログTwitter @yokeronappa_p

【USMシーズン7使用構築】よけろマンダ【最高2135 最終201x】

 

 

こんにちは、時々最強ナメック星人、よけろナッパです。

今期は夢だった2000セカンド童○卒業、初の2100まで達成することができました。

あまりに出来すぎた結果だとは思っていますが、密かに目標としていた2150に一歩届かず、悔しさも残るシーズンとなりました。

以下並びです。書きたいことはまだまだあるので、長くならない程度にちょくちょく追記していこうと思います。

今期もノートちゃんを使い選出のメモを取っていたので、選出率、選出時の勝率も載せていきます。

 

 

 

f:id:Yokeronappa:20180123064757j:image

 

TN まずいぼうで潜っていました

 

 

【構築経緯】

 

最初はいつも通りカバマンダガルド軸を使っていたが、マンダ軸が重いアーゴヨンギャラドスの並びに無限にボコられ、レートも1900にすら乗らずで解散。

構築を見直し、アゴギャラに負けない、運負けよりも運勝ちをする構築を目指した。

 

組み始めとしては、もはや嫁ポケなんじゃないかと思っているマンダからスタート。

マンダが苦手とするゲッコウガアーゴヨンに強く、広い範囲を誤魔化すことのできるHDポリ2。

アーゴヨンやポリZ等、展開構築の切り返しとしてHABトリルミミッキュ

マンダが出せない選出のパワーの無さを解消する鋼枠であるメガメタグロス

ここまでで重いガルドヒードランなどの鋼、カバに強く出ることができるHDグライオン

最後にリザXバシャギャラに強く、両メガが苦手とするポリ2クレセなどの数値受けを起点にできる、残飯レヒレを採用。

 

レート1666からこの構築を使用した。

 

 

 

【個体紹介】

 

 


f:id:Yokeronappa:20180123070526j:image

ボーマンダ@ボーマンダナイト

 

性格 いじっぱり

 

(メガ前実数値)

197(212)-177(44)-101(4)-x-102(12)-150(236)

 

(メガ後実数値)

197-188-151-x-112-170

 

技構成 八つ当たり/羽休め/身代わり/竜の舞

 

メガ前DL対策でD>B

 

前期とは違い、Sをメガ後ガブリアス抜きまで振った。割とよくある調整だと思う。

前期の調整とは違い、リザ対面で安心して八つ当たりを打つことができるのがよかった。

基本的に刺さっていなければグロスを出していたため、選出率はダントツの最下位。

 

選出率18.0%で6位、選出時勝率72.7%

 

 

 

 
f:id:Yokeronappa:20180222004226j:image

ポリゴン2@しんかのきせき

 

性格 なまいき

 

特性 ダウンロード

 

実数値 191(244)-101(4)-112(12)-126(4)-160(244)-72

 

技構成 恩返し/目覚めるパワー炎/冷凍ビーム/自己再生

 

リザを見たら初手に投げていくHDポリ2。

S3のときに使っていた個体のトリルを冷ビに変更し、そのまま流用した。

構築を組んだ段階ではそこまで意識していなかったが、レヒレのミストフィールドと合わせて対アーゴヨンへの安定性がぐっと上がった。

技構成としては、テテフや(減少傾向ではあったが)ガモスを意識、安定した一致技である恩返し。

構築単位で重く、誘うナットレイへの最高打点となるめざパ炎。

ランドマンダへの安定した打点となり、カバにも打つことができる冷凍ビーム。

めざパ炎を採用しているHDポリ2は少ないと思う。

誤魔化し性能が非常に高く、対ポリクチ、リザY軸への勝率を上げることに貢献してくれていた。

 

具体的なムーブとしては

初手ポリポリ対面を作る→1ターン目のダメージと恩返しでHDポリ2とバレるため、2ターン目でクチートに引いてくる→交代際にめざ炎を当てることでダメージレースに有利になれる

対リザY軸にも似たようなムーブで裏のガルドに晴れめざ炎を当て、楽に勝つことができた試合もあった。

アーゴヨンを見たらほとんど選出する。

後述するレヒレと合わせることにより、ギャラドス(ハッサム)アーゴヨンの並び、また単体を選出された場合の勝率は9割を超えていた。

カミツルギナットレイハッサムを何度焼いたかわからない。

 

特性はトリル下やナット対面でも火力が上がるダウンロード。

初手リザ対面、Aが上がったらCSのYかX、Cが上がったらHBベースのY等、大体の型の判別が出来るのがよかった。

初手コケコ対面でAが上がった場合、大抵毒が飛んでくるので裏のレヒレorグライに引いていた。

 

選出率54.9%で3位、選出時勝率68.6%

 

 

 

 
f:id:Yokeronappa:20180222004246j:image

ミミッキュ@ミミッキュZ

 

性格 いじっぱり

 

実数値 151(164)-143(156)-124(188)-x-125-116

 

技構成 じゃれつく/かげうち/トリックルーム/呪い

 

テンプレ耐久振りミミッキュ。トリルを搭載することにより、展開構築や積みへの強力な切り返しになった。

マンダリザXメガバシャあたりを意識してのHAB振りだったが、実際はマンダポリ2レヒレで誤魔化せていたため、重いミミッキュを意識してのS振りでもよかったかもしれない。

しかし、上記3体では厳しい役割集中への切り返し、選出時の余裕には繋がったため、耐久振りでよかった部分もある。

 

選出率36.8%で5位、選出時勝率71.1%

 

 

 

 
f:id:Yokeronappa:20180222004300j:image

メタグロス@メタグロスナイト

 

性格 ようき

 

(メガ前実数値)

175(156)-168(100)-150-x-110-134(252)

 

(メガ後実数値)

175-178-170-x-130-178

 

技構成 アイアンヘッド/冷凍パンチ/雷パンチ/地震

 

僕は基本的に4振り信者なんですが、このポケモンは4をBDに振り分けるよりもHASを1伸ばした方が強いと思っているためこの振り方。

相手のグロスがとてつもなく重いため最速。

バレパンが欲しい場面もあったが、雷パンがあったおかげで勝った試合の方が多かった。主に削れたリザY、カグヤに打った。

 

選出率72.9%で1位、選出時勝率65.1%

 

 

 

 

 
f:id:Yokeronappa:20180222004335j:image

グライオン@どくどくだま

 

性格 しんちょう

 

実数値 181(244)-116(4)-146(4)-x-137(236)-118(20)

 

技構成 地震/ハサミギロチン/羽休め/守る

 

S4振りミミッキュを意識してのS20振り。活きたかは不明だが、重すぎるミミッキュへの静かな抵抗。

大事なところでハミチンを当てまくりました。

主にナットカグヤに対して試行回数を稼いで突破を狙うため、毒よりもハミチン。

守るはこだわり確認、HP回復、フィールドターンの調整など、非常に便利な技だった。

 

選出率45.0%で4位、選出時勝率61.8%

 

 

 

 
f:id:Yokeronappa:20180222004323j:image

カプ・レヒレ@食べ残し

 

性格 ずぶとい

 

177(252)-x-172(172)-116(4)-151(4)-115(76)

 

技構成 ムーンフォース/波乗り/瞑想/リフレクター

 

ロリコンレヒレ。ガルドに抜かれたくなかったためここまでSを伸ばしたが、絶妙に火力が足りない場面があったため、Sを少し削りCに振ってもよかったかもしれない。

カバルドンギルガルドポリゴン2に強く、リフレクを使用することにより対メガギャラも安定する。

ミストフィールドとポリ2、メタグロスの相性が素晴らしく、毒や火傷に怯えることなく立ち回れるのがとてもよかった。

 

選出率72.1%で2位、選出時勝率64.7%

 

 

 

 

 

基本選出は特になし。グロスグライレヒレの選出が一番多かった。

重いポケモンミミッキュ、ガルーラ、メタグロス

 

無理な構築はムドー入り受けループ。

グロスマンダの2メガ選出でムドーに雷パン麻痺を狙い、麻痺を引けたらマンダで舞います。

 

ギャラ顎等の展開構築にはポリ2レヒレミミッキュ。ギャラが無限にアイヘを持っていたためHABミミッキュでギャラを見る立ち回りはしないようにする。

 

 

 

 


f:id:Yokeronappa:20180123074012j:image

 

最高レートを更新したときの画像です。一度2020まで落ちましたが、またここまで上げられたのは自信に繋がりました。

(ちなみにここで通話のメンバーに負けました。悔しかった…)

 

2150乗りたかった…一発屋にならないよう頑張ります

 

ここまで読んでくださった方々、シーズン中にマッチングした方々、ありがとうございました!